昨日より、一歩でも半歩でも前進しよう!

四柱推命鑑定士、美月です。

占いは生活を豊かに幸せになる為の手段です、

良い運気であっても、

じぃ~とあぐらをかいていては、

運気を有効に活用出来ません、

やっぱりそこには、行動力、努力、辛抱も必要です、

まぁ当たり前の事ですね…。

また悪い運気であっても、

悲観してばかりいてはさらに運は下降します、

運気がアップする時期が来たとき、

すかさずその運気に乗れるように、

腐らずに前向きに行動して下さい、

無理な目標は心に負担になるので、

昨日より一歩前進する、そんな感じで良いと思います。

 

運勢は変動する!?

どんな運勢だったとしても、

年が変われば、運勢は変わるものです、

だからこそ…今をしっかりと生きてください、

良かった年であっても、来年はいいとは限りません、

また今年あんまり良くなかったとしても、

来年はいい方向に運勢は向かうかもしれません、

現在は未来の土台です、

この瞬間も楽しく過ごしましょう。

気の緩みが起こる年がある!

四柱推命鑑定士、美月です、

今日は気の緩みが非常に強く働く年のお話です。

ある星が巡ってくる年運では、

気の緩みが強く働きます、

空亡(天中殺)の年ではありません、

確かに空亡は油断と不安定の星ではありますが、

運気のバランスを崩す作用はしません。

気の緩みが起こると分かっていても、

ついまぁ~いいかって具合になってしまいます、

軽はずみな言葉で人を不愉快にしたり、

傷付けたりします。

口は災いのもと、注意するに越したことはありません、

そうそうこの年は訴訟事にも注意が必要です!

干支(かんし)

四柱推命鑑定士、美月です、

今日は干支(かんし)についてお話します。

干支(かんし)と書いて、

ほとんどの方が干支(えと)と読まれると思いますが、

四柱推命の占い師ならば、

干支(えと)とは呼ばないのが普通のはずですが、

多くの占い師の人が干支(えと)て言ってますね”(-“”-)”

もし私がこれを干支(えと)と呼ぼうものなら、

私の師匠から大目玉をくうところです、

なぜなら干支(かんし)とは、

字の如く十干(じゅかん)と、

十二支(じゅうにし)との組み合わで、

決して十二支(じゅうにし)だけをさしいるのではないからです。

十干(じゅかん)とは、甲(きのえ)乙(きのと)、

丙(ひのえ)丁(ひのと)、

戊(つちのえ)己(つちのと)、

庚(かのえ)辛(かのと)、

壬(みずのえ)癸(みづのと)。

 

十二支はみなさんご存じのように、

子・牛・寅・卯・辰・未・午・未・申・酉・戌・亥です。

甲子(きのえ、ね)をこれをトップ干支とよび、

これより順番に十干と十二支を組み合わせて60干支となるのです。

これからは十二支(じゅうにし)だけではなく、

本当の意味での干支(かんし)を知って頂くと幸いです。

空亡(天中殺)は、もう怖くない!

四柱推命鑑定士、美月です、

今日は空亡即ち天中殺についてお話したいと思います、

空亡は凶の働きをするので、

大変嫌われ恐れられる星だと思いますが、

実際は何にも恐ろしい星ではありません。

空亡の本当の働きは、

油断と不安定の星であり、

吉凶半減の働きをする星です。

命式に空亡があるから・・・、

空亡が巡ってくる年だからと言って、

決して恐れる必要はありません、

空亡があるからこそ吉事になる場合もあるのです、

○○星と重なって人気が出て、

窮地を救われたって人もいます。

空亡があるだけで空亡が働く事はありません、

××星と一緒になった時、空亡は働くのです。

空亡、空亡言って、

この時期をことさら凶判断言ってる、

占い師さんがいたら、

その方は空亡(天中殺)の事を、よく知らない占い師さんです。

因みに新しい事をやってはいけない時期も、

空亡(天中殺)の時ではありません、

その時は違う星をみての判断になります。

もう一人の自分

自分の性格、本当はどんな性格か、

手を胸に当てて考えてみて下さい、

本当はこんな性格じゃないのだけれども、

なんでこんな事してしまうって思った事・・・ありませんか!?

そういった場合、

考えられるのが運命学的性格が影響しています、

もう一人の自分ですね、

いつもの性格と真逆って場合もありますので、

運命学的性格がわかっていると、

同じ失敗を繰り返さず、

トラブルを回避出来るようになります。

自分を知ることは、真の開運です!!!

命術は生まれた時間が必要!?

自分の生まれた時間ってわかりますか!?

四柱推命や西洋占星術は、

この生まれた時間が必要不可欠となっています、

生まれた時間が分からない場合、

鑑定依頼を受けない占い師の方もいます、

なぜならすべてのデーターが揃っていなければ、

100%の運命鑑定が出来ないからです。

みなさ~ん、

ぜひ自分の生まれた時間を知ってください、

知っていて損はありません、

時間は母子手帳に書いてあります、

母子手帳がない方は、

お母さんに聞いてくださいね!

最悪どうしてもわからない場合は、

100%の精度はあきらめるしかないですね、

因みにこの私美月も生時がわかりませんので、

ここ一番の大事なところが、

推運出来ないで悔しい思いをしています。

※西洋占星術は生時以外に、生まれた場所も必要で~す。

転職を考える!

転職を考え悩んでいる方、なぜ転職をしたいのですか!?

最初にそこのところを・・・よく分析して下さい、

ただ今の職場が嫌なのか?

他にやりたいことがあるのか?

あなたの運勢が変化の時期なのか?

色々な理由があると思います。

 

転職するにも、

しっかりと今のあなたの運勢をみて、

行動してはいかがでしょうか、

今転職をして良い時なのか、それとももう少し先なのか!

時期を知ってから動いた方が得策です。

人生何度もやり直しはできますが、

出来るなら最短距離で進んだ方が良いと思います。

石の上にも三年って諺あるけど・・・

「石の上にも三年」という諺があります、

忍耐強く辛抱して続ければ、

いつかは報われる、

ことを成し遂げられるなどの意味です!

辛い時をのり越える時に、励みになる言葉ですね、

でも石の上にただじっと座っていれば、

いいってもんじゃないと私は思います、

辛抱して座っているだけじゃ、事は成し遂げれません、

石が揺さぶられて落とされそうになっても、

尚石の上に座り続けた上で、

しがみついてでも石の上に居続けること、

揺さぶりやら何やらあっての三年間、

頑張ればきっと力はつくでしょうね。

運命は、自分の手の中にある!

運命は変えることは出来るのか!

はい!運命は変えれます!

運命は結果ですから・・・!!

あなたの努力次第で変える事はできます、

しかし頑張ってるけど、何かタイミングが悪く、

運命は変わりそうもなく、

足踏み状態が続く場合があります、

それは努力が足りない訳ではなく、

運気のタイミングのズレから生じる場合もあります、

運気の状態、変わる時期を知っておくと、

変化の上昇気流に乗りやすく

あなたの努力が水の泡とならないと思います。

 

あなたの未来はあなたの手の中です、

未来を予測して・・・運命を変えよう!